本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0774-31-5608

〒611-0013京都府宇治市菟道平町89-63

HSTi ヘルスケア

施術方針

HSTi骨格調整法とは

方針イメージ

 改善されないさまざまな症状。多種多様な療法があり、それぞれに原因の捉え方があります。
しかし、それが対症療法的なアプローチである限り、根本的には改善されません。
誰しも日々の暮らしの中で、捻挫したり、尻もちをついたり、転んだり、ぶつけたりして、知らないうちに骨にゆがみを作ってしまいます。
 HSTi骨格調整法では、『骨のゆがみが症状の主原因』と捉え、原因追求型アプローチで根本から改善していきます。
頭から手先・足先まで、全身の骨をバランスよく、あるべき位置にじんわりと戻し、辛い症状を改善へと導きます。そして、顔も身体もシンメトリーに近づけ見た目にも美しい骨格に整えます。
そんなHSTi骨格調整法は沖縄産まれの身体にやさしい整体です。

治療の流れについて

  1. リスニング

    チェックシートに自覚症状、病歴、打撲歴、出生時の状況などを記入して頂きます。  中でも打撲歴は重要です。一つでも多く思い出して頂くことが、改善への近道になります。 記入後、リスニングをします。おおよその原因を探します。
  2. ゆがみのチェック

    頭がい骨から脚まで骨格の状態を詳しくチェックします。 記載内容、リスニング結果を元に 不調の原因となるゆがみを探し出します。
  3. ゆらし

    骨盤を中心に、身体を左右に揺らしていきます。 ねじれたホースを揺さぶると元に戻るように、 骨格のゆがみもこのゆらしで緩和されます。 緩和されず、ゆがんだままの状態の骨が 『症状の原因』となります。
  4. 施術

    特定したゆがみに専用の調整器具を当てて、じんわり調整します。
    痛みも無く、心地よさに眠ってしまう方も。

FAQ よくあるお問い合わせ

Q.どのくらいで良くなりますか?
A.お客様のゆがみ、打撲歴によりますので、
  まずはお身体を拝見しない事にはお答えできません。
  症状が短期間で解消される方もいれば、長期にわたって骨格調整が
  必
要な方もいます。
  痛みや不調の根本であるゆがみが無い状態「卒業」を目指す場合も、
  長期の骨格調整が必要になることがあります。

Q.どのような服装がいいですか?
A.無地のTシャツ、トレパン、スウェットなどが望ましいです。  
  横シマ模様、派手な柄の服及びボディースーツ、ワイヤーブラ、ガードルは
  施術者の目と触診を錯覚させてしてしまう場合があります。

Q.施術に痛みはありますか?
A.施術する前に痛みの確認を行う場合はございますが、
  施術自体に痛みはございません。
  もし痛みがあればすぐにお伝え頂くようにしております。 

Q.打撲した覚えが無いんですが、思い出す事は必要ですか?
A.HSTi骨格調整は打撲歴を重視しております。
  打撲歴が一つわかるだけで、お客様の
  症状を改善に導きやすくなります。
  しりもちやねんざ、自転車で転倒、公園の遊具
  に頭部を打つ・・・など、小さい頃から今までを振り返ってみて下さい。
  施術者からもゆがみが大きい箇所、
  傷の有る場所を見つけた場合、打撲の有無を問うようにしております。


お客様の声

HSTi オフィシャルサイトヘ

HSTi ヘルスケア
ビルダークリニック

〒611-0013
京都府宇治市菟道平町89-63
TEL 0774-31-5608
メールアドレス
 okeihan60@gmail.com